睡魔にはもう負けない!仕事や勉強に使える眠気を飛ばす方法を紹介!

生き方

在宅で仕事や勉強をする機会が多くなっている今の世で、

眠気に負けてなかなか作業が進まないと困ってはいませんか?

実は僕も家でパソコンをいじったりすることが多いのですが、作業中に睡魔に襲われて集中力が低下したり、横になって寝てしまったりすることが多くあります

なので今回は、自分や自分と同じように睡魔に負けてしまう人のために眠気を飛ばす方法を調べて、まとめてみました。

こんな人におすすめ

  • 家で作業中にすぐ眠くなる
  • 仕事中に眠くなり集中力がどこかへ行ってしまう
  • 眠気を飛ばす方法を知りたい

心当たりがある人は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

まずは睡眠を見直そう

作業中に眠気が来る人が1番最初に確認することは、しっかりとした睡眠を取れているかどうかです。

正直作業中に眠くなる原因のほとんどは睡眠時間が足りてなかったり、質の良い睡眠が取れていなかったりすることです。

睡眠不足だと眠くなるのは当たり前ですし、長時間寝ていても睡眠の質が低いと同じように眠くなることがあります。

なのでまず、自分がしっかりと質が高く、適度な時間の睡眠を取れているか確認してみると良いと思います。

自分に合った睡眠時間や睡眠の質については下記が参考になります↓↓

眠い時の対処法

では眠い時の対処法をいくつか紹介していきます。

人は質の良い睡眠を取れていても体内時計の関係で、日中の2時から4時は眠くなるそうです。

ですがこの時間はバリバリ仕事をしたり、勉強に集中したい時間帯です。時間があれば昼寝をすれば良いですが、そういうわけにはいかない人がほとんどだと思います。

なのでまず、しっかり自分の睡眠を見直した上で眠くなる時間もばりばり作業したい人は参考にしてみてください。

何度も言いますが、眠くなる原因のほとんどは睡眠の仕方に問題があるので、まずは自分の睡眠についてしっかり見直すことを忘れないようにしてください。

体を動かす

体を動かせる時は軽く体を動かしてみましょう。

椅子に座りっぱなしだった体を動かすことで、血流が良くなり体に血が巡り眠気を飛ばしてくれます。

家でも仕事場でもちょっと立ち上がって周囲を少し歩いてみましょう。

立ち上がる

こちらもおすすめで、先ほどはちょっと体を動かすと良いと言いましたが、今度は立ちっぱなしで作業してみましょう。座って作業するより、劇的に眠くならなくなりますし、集中力も高まります

立ったまま作業できる状況の人は多くないと思いますが、もしできるのであれば立ったまま仕事や勉強を頑張ってみましょう。

眠気なんて来なくなると思います。

目薬を指す

目薬を指すと刺激になるので、目を覚ますことができ、目の疲労回復にも効果があります。

目薬でも特にメントール成分が入っているものだと清涼感が高まり、効果が高まります。

刺激物を取り入れる

刺激物とはカフェインやニコチンなどのことで、これらには覚醒作用があるため眠気を飛ばしてくれます。

カフェインはコーヒー、ニコチンはタバコに入っていて普段からこれらを嗜んでいる人はすでに眠気覚ましの方法として活用しているかもしれません。

ただ、どちらも嫌いだという人は緑茶などのお茶にもカフェインが入っているためオススメです。特にコーヒーに入っているカフェインは日本人には効かないと言われることもあるため、緑茶を代わりに飲むことはオススメできます。

深呼吸してみる

深呼吸をして体に酸素を取り入れることも眠気を覚ますためには大切です。

なので作業中に眠くなってきた時は一度大きな深呼吸をしてみましょう。

無理せず休むのも大切

ここまで眠気を飛ばす方法を紹介しましたが、眠い時は無理せず休むことも大切です。

眠気に負けじと頑張るのも良いですが、体を壊してしまったら仕事も勉強もできません。特に睡眠は体力を回復させるためにとても重要なので疲れた時はしっかり休むようにしましょう。

まとめ

今回は眠気を飛ばすための方法を解説しました。

ただ、お昼に眠くなるのは仕方のないことなので、余裕がある時は仮眠を取るのも大切です。

これを踏まえた上で作業中の眠気を飛ばしたい人は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました