アドセンスに受からなくても気にしたらダメです。ひたすら記事を書こう

ブログ

ブログで収益化を目指している人がまず目指すのが、Googleアドセンスの合格だと思います。

そんな中でアドセンスの合格にこだわりすぎている人がいます

ですが、アドセンスの合格に執着する必要はありません。

アドセンスは収益化のための大事な手段ですが、そもそも最初は記事を書いてPVを増やす方が大切です。

なので本記事では

  • アドセンスにこだわる必要はない理由
  • アドセンスのためにやってしまう無駄なこと
  • とにかく申請してたらアドセンスに受かった話

この辺りを書いていくので、アドセンスに受からない人は読んでみてください。

スポンサーリンク

アドセンスにこだわらなくて良い理由

ブログを始めたほとんどの人は、最初にGoogleアドセンス合格を目指し、合格することにとても執着します。

しかし、アドセンス合格にこだわるのは時間の無駄です。

その理由は

  • アドセンスに受かるだけじゃ稼げない
  • 最初はアドセンスより記事を書く方が大事
  • 受からない原因はわからない

などです。

ではそれぞれ詳しく解説します。

アドセンスに受かるだけじゃ稼げない

ブログをやっている人は収益化を目標として、毎日頑張っていると思います。

そんな中でアドセンスに受かることで稼げるようになると思っている人がいますが、そんなことはありません。

確かにアドセンスに合格できると数百円の利益くらいは誰でも稼げるかもしれませんが、副収入としてある程度まとまった金額を稼ぎたいのであれば、PVを伸ばす方が大切です。

アドセンスは小手先のテクニックで合格できるかもしれませんが、PVを伸ばせる方法は良質な記事を書き続けることだけです。

なので目先の利益だけを追ってアドセンスにこだわるよりも、時間がかかっても大きな成果を目指して良質な記事を書き続けましょう。

最初はアドセンスよりも記事を書く方が大事

前述したようにブログでは、良質な記事を書き続けることが大切です。

ですが初心者のうちは、文章を書くのに慣れていないため良質な記事を書くのは難しく、時間もかかってしまいます。

なので最初は、文章を書くスキルを身につけていくことが大切です。

そのためにはひたすら記事を書くしかありません。

なのにGoogleアドセンスに合格するために何時間も使うのは勿体ないです。

アドセンスが受からないと悩む時間があるのならとにかく記事を書きましょう。

受からない原因はわからない

Googleアドセンスは頑張って対策しても合格するとは限りません。

Googleアドセンスに合格するためのコツなどはネットにたくさん転がっていますが、結局審査の基準は公開されていないので、やっている対策が正しいかはわかりません。

なのでアドセンス合格のために時間を使っても受からない可能性もあり、ネットに載っている対策を全部試しても受からない人も多いです。

また、逆に何も対策しなくても受かる人もいるため、合格できるかは運しだいと言う人もいます。

このように対策しても受かるかわからないGoogleアドセンスに時間を使うのはもったいないと思います。

アドセンスのためにやってしまう無駄なこと

Googleアドセンスに合格するためにいろいろな対策をする人が多いですが、なかにはどう考えても無駄なことをやっているひとがいます。

そんな、アドセンス合格のためにやってしまう無駄なことを紹介します。

メールを何度も確認する

アドセンスの申請を出した後に、メールを何度も確認するのは無駄な時間です。

他にも

  • 合否を待つ間も合格のコツを調べる
  • 結果が届くまでにかかった時間をリサーチする
  • Googleアドセンスのページへ何度もアクセスする

これらは全部無意味です。

Googleアドセンスに申請したのであれば、そのうち結果は届きますし、あがいたところで合否は変わりません。

アドセンスに申請する前に少し対策をするのは良いですが、申請したのであれば大人しく結果を待ちながら記事を書きましょう。

記事を書くのを止める

Googleアドセンスに合格するには、記事数は多すぎない方が良いと言っている人がたまにいます。

そんな人を見て、アドセンスに合格するまで記事を更新しない人がいますが、本当にもったいないです。

何度も言いますが、最初はとにかく記事を書くことが大切で、アドセンスなんて二の次です。

また、記事数が多くてもアドセンスは合格できます。

実際に僕がGoogleアドセンスに合格した時の記事数は86記事でした。

詳しいその時の状況は後述しますが、アドセンスの対策などしないでとにかく記事を書き続けました。

Googleアドセンスに合格するために、記事を書くのをやめるのは本当に無駄なことなので、アドセンスのことは気にせずに記事を書き続けましょう。

受かった人の記事を見る

Twitterでブログをやっている人と交流があると、毎日のようにGoogleアドセンスに合格した知らせが流れてきます。

そんな人を見ると、アドセンスに合格するためにその人のブログを見て参考にしたくなりますが、やめておきましょう。

確かに人のブログを見て参考にすることは大切ですが、参考にするブログは選ばないといけません。

あなたがアドセンスに合格するためにブログを書いているのであれば良いのですが、ほとんどの人は稼ぐためにやっていると思います。

そんな人が参考にするべきなのは、アドセンスに合格したブログではなく、長期的に収益を出しているブログです。

なのでアドセンスに受かった人の記事を見る暇があるなら、あなたが狙っているキーワードで検索一位の人のブログを見ましょう。

本ブログがアドセンスに合格した時の状況

ここまで散々アドセンスにこだわる必要がないと書いてきましたが、そこにはしっかり根拠があります。

それは本ブログが大した対策をせずにアドセンスに合格できたことです。

本ブログでアドセンスのためにやったことは

  • 免責事項、プライバシーポリシー、お問い合わせページの設置
  • サイトマップ設置
  • 記事数は86記事

これだけですし、サイトマップの設置はSEO対策のためにやったことなので、実際にやった対策はほんの少しです。

また、アドセンスに合格したのは対策をしたしばらく後なので、この対策が実際に役に立ったかどうかはわかりません。

他にもアドセンス合格のためには

  • オリジナリティがあるか
  • 文字数は十分か
  • テーマを絞っているか
  • アフィリエイト広告を貼っていないか
  • YMYLに関係していないか

などたくさんのことが言われていますが、本ブログでは上記のことはいっさい気にせずに書きました。

とにかく記事を書いた

このように本ブログはアドセンスのことは気にせずとにかく記事を書き続けました。

アドセンスのためにやったことは、不合格通知が来たら少し時間をあけて、もう一度申請をすることだけです。

そうすると記事数が86記事の時に、アドセンスに合格しました。

最初からアドセンスのために色々試していたらもっと早く合格できていたかもしれませんが、おそらくその場合は記事を更新するペースが遅くなっていたと思います。

そうなると結果的に成果を出すためにより多くの時間がかかることになったでしょう。

なのでみなさんもアドセンスの合格にこだわらずとにかく記事を書くことをオススメします。

まとめ

今回はアドセンス合格にこだわるのは時間の無駄という内容の記事を書きました。

長くなってしまいましたが、結論言いたいことは

とにかく記事を書こう

です。

アドセンス合格にこだわる前にPVが集まる記事を書きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました