収益面で「WordPress」と「はてなブログ」結局どっちがおすすめ?

ブログ

ブログは副業として優秀で、資産になり時間や場所にとらわれないというメリットがあります。

そんなブログを副業として始めてみたいと考えている人はまず、どのサービスでブログを始めてみようと悩んでいるはずです。

おそらく収益目的なら「WordPress」か「はてなブログ」の2択にまで絞れているのではないでしょうか?

なので今回は「WordPress」と「はてなブログ」どちらが本当におすすめなのか徹底解説します。

こんな人にオススメ

  • WordPressのメリット、デメリットが知りたい
  • はてなブログのメリット、デメリットが知りたい
  • 収益目的でおすすめのブログを知りたい
  • WordPressとはてなブログ結局どっちがいいの?

最初に結論から言うと、

収益目的なら間違いなく「WordPress」がおすすめです。

ただ、それぞれのサービスにはメリット、デメリットがあるのでその辺りも含め詳しく解説します。

結論だけ知りたかった人はこちら
結論だけ分かればさっさとブログを始めたい人は、下記記事を参考にして自分のブログを開設してしまいましょう。30分後にはブロガーの仲間入りを果たすことができます。

ではさっそく「WordPress」と「はてなブログ」の両者のついて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ブログで収益化するには?

まず、副業としてブログをやっていくためにはブログで収益を出す仕組みを理解しないといけません。これを知らないままだと「WordPress」や「はてなブログ」の違いがわかってもどちらが収益化に向いているかを判断できないからです。

収益化の方法は大きく分けて二つで、「Googleアドセンス」と「アフィリエイト」があります。

Googleアドセンス
Googleアドセンスはブログに掲載した広告がクリックされると報酬が入る「クリック報酬型」の広告です。
特徴は
  • 収益が出しやすい
  • 広告が自動で表示される
  • 単価は低い

などで、Googleの審査に合格することで広告を掲載できるようになります。

アフィリエイト
アフィリエイトはブログで企業の商品やサービスを紹介し、それらが購入されると報酬が入る「成果報酬型」の広告です。
特徴は
  • 収益を出す難易度は高め
  • 自分が売りたい商品を紹介できる
  • 単価は低いものから高いものまで様々

などで、審査が不要なものから必要なものまで様々です。

どちらの収益化の手段でも実際に収益を出すには自分のブログに広告を載せて、ブログを見にきた人にその広告の興味を持ってもらう必要があります。

収益化までの手順とポイント

収益化には手順があり、

Googleアドセンスの場合
  1. Googleアドセンスの審査を受ける
  2. 審査に合格する
  3. 広告を掲載する
  4. 広告がクリックされる
  5. 収益発生

このような手順を踏んで最終的に収益が発生します。

結構大変そうに見えますが、Googleアドセンスで収益を出すために大事なポイントは「審査に合格」することです。つまりGoogleアドセンスで収益を出したい人は、審査に合格しやすいブログを作る必要があります。

アフィリエイトの場合
  1. 売りたい商品やサービスを決める
  2. 広告を探す
  3. 広告を貼る
  4. 広告から商品が売れる
  5. 収益発生

こんな感じの手順です。

アフィリエイトで大事なポイントは「ブログを見に来る人のニーズにあった商品を売ること」です。例えばブログに関する記事に食品の広告を貼ってもまず売れないと思います。

このようにブログで収益化するのは手順とポイントがあり、収益を出すにはこのポイントはしっかりとおさえたブログを作る必要があります。

収益化のポイント

収益化のポイントを簡単に書きましたが、実際に収益をあげるにはもっとたくさんの要素が必要で、ひとことで説明できるほど簡単じゃありません。これからブログで収益を出したい人は覚悟しておきましょう。


ではブログで収益を出す仕組みを理解できたらそれを踏まえて「WordPress」と「はてなブログ」の特徴を見ていきましょう。

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPress公式サイト

WordPress(ワードプレス)は、ホームページやブログを簡単に作成できるソフトウェアで、世界中のWebサイトの40%以上がWordPressという圧倒的なシェア率を誇ります。

ブログで収益を出しているほとんどの人がWordPressを使用しており、有料でブログを作るならまずWordPressが候補にあがります。

WordPressの料金

実はWordPress自体は無料で使うことができるのですが、ブログを作る際に「サーバー」と「ドメイン」を用意する必要があり、これらにコストがかかります。

コストは年間で大体15000円〜くらいです。


サーバーとは?
サーバーはインターネット上にブログを作るためのスペースのことで、レンタルサーバーのサービスを使うことで用意することができます。
ドメインとは?
ブログにアクセスするときに必要なインターネット上の住所のようなものです。簡単に言えば「URL」のことでこのブログの場合は「mamoblog.com」がドメインです。

サーバーやドメインと聞くとなんだか難しそうに感じますがレンタルサーバーの「ConoHaWING」を使えば簡単に設定するすことができ、本来有料の独自ドメインも無料で手に入れることができます。

なので初心者がWordPressでブログを始める場合は、設定が簡単な「ConoHaWING」を使うことをおすすめします。

ちなみに無料ブログの場合はこれらも無料で用意してくれるのでコストがかかることはありません。

WordPressのメリット・デメリット

ではWordPressを使い有料でブログをはいめる際にはどんなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

メリット

自由度が高い

WordPressでブログを書く1番のメリットはカスタマイズの自由度の高さです。

カスタマイズの自由度が高いとブログのデザインを自分の理想通りのものにできるだけでなく、

  • 独自ドメインが使える
  • 広告を自由に貼れる
  • ブログを自分好みにできる

などのメリットがあり、これらは無料ブログにはないWordPressならではの強みです。

カスタマイズ難しいのでは?

初心者がブログをおしゃれにカスタマイズするのは難しそうですが、実際はそんなことなく、WordPressが用意しているテーマ(デザインテンプレート)やプラグイン(拡張機能)を上手に使うことで専門的な知識(HTMLやCSS)が無くてもおしゃれにカスタマイズすることができます。ちなみに当ブログもHTMLやCSSはほとんど使っていません。


SEOに強い

WordPressはブログを自由に設計できるため、SEOの対策がしやすく結果的にSEOで強い状態に持っていくことができます。SEOは記事の質を上げることが大切なのですが、WordPressのテーマを使うことで記事以外の部分でもSEOの対策をすることができます。

SEOとは?

ブログで収益を上げるにはGoogleなどの検索エンジンで記事を表示させる必要があります。SEOとは、その検索エンジンで記事を上位表示させるための対策のことです。


安心できる

WordPressはサーバーもドメインも自分で管理するため、自分のブログが自分以外にどうこうされる心配がありません。

具体的には

  • 記事を運営に削除される
  • アカウントを凍結される
  • サービスそのものがなくなる

無料ブログの場合このようなリスクがるのですが、WordPressでブログを作ることでリスクをなくすことができます。

デメリット

では、WordPressでブログを作るのにどのようなデメリットがあるのでしょうか?

料金がかかる

これは有料のブログでは当然ついてくるデメリットなのですが、せいぜい月額で1000円程度しかかかりません。なので収益化が目標であればこの程度を気にしてたらしょうがないですし、少し頑張れば回収できる金額なので気にしなくて良いと思います。

始めるのに手間がかかる

無料ブログだとすぐに記事を書き始めることができますが、WordPressは最初の準備や設定に少なくとも1時間はかかります。

また、最初から凝ったデザインのブログを作ろうと1記事も書かずに、数十時間カスタマイズに時間をかける人もいたりします。カスタマイズにかける時間は人それぞれですが、それでも無料ブログに比べると最初の1記事を書き始めるまでに時間がかかってしまいます。

カスタマイズに苦戦する

これはブログの楽しい部分でもあるのですが、やはりWordPressを使いこなすのは難しく、思い通りのブログを作り上げるのには苦戦します。

ただ、カスタマイズの自由度が高い以上はどうしても苦戦するのは仕方ないと思います。ちなみにカスタマイズに凝らなくても、おしゃれなテーマを使えば綺麗なブログはできるのでカスタマイズに時間をかけないこともできます。

テーマとは?

テーマとはWordPressで使えるブログデザインのテンプレートで有料のものから無料のものまで様々です。ほとんどの人がテーマを使い、それを基盤にしてブログをカスタマイズしています。ちなみに当ブログは無料の人気テーマ「Cocoon」を使用しています。

はてなブログとは?

はてなブログ公式

次に無料ブログの「はてなブログ」について解説していきます。

はてなブログは無料ブログといえば1番に思い浮かぶであろうブログサービスだと思います。

操作がしやすく、ブログの知識が全く無くても使いやすくなっています。

ちなみにはてなブログには「はてなブログPro」という有料プランもあり、月額料金1000円程度で広告を非表示にしたり、独自ドメインを取得したりできるプランもあります。たた、月額1000円払えばWordPressでブログを開設できるので有料プランを使う理由はあまりないと思います。

はてなブログのメリット・デメリット

無料のはてなブログならではのメリットを紹介していきます。

メリット

使いやすい

はてなブログは初心者でもとにかく使いやすいと定評があります。

僕も初めてブログを書いたのははてなブログなのですが、特に難しいと感じることはなくすいすいブログを書けていた記憶があります。

お金がかからない
これは無料ブログなので当然ですが、お金を一切かけずにブログを書くことができます。
完全に趣味でブログを書きたい人や日記のように書き留めれば良いくらいの人には大きなメリットです。
すぐに始められる

はてなブログでは難しい設定等はないので、すぐにブログを書き始めることができます。

これがWordPressだとそうはいかず、ブログの立ち上げの段階で体力を使い果たし、記事の執筆まで辿り着かない人も多くいます。

デメリット

制限が多い

はてなブログはとにかく制限が多いのが1番のデメリットです。

例えば

  • デザインの自由度が低い
  • 広告を制限される
  • 好きにカスタマイズできない

などのデメリットがあり、自分好みにブログを作りにくいだけで無く、広告を自由に掲載できないため収益化を制限されてしまいます。これはブログで収益を出すことを目標にしている人には大きなデメリットになります。

SEOに弱い

はてなブログはWordPressに比べるとSEOの対策を自由に行えないため、相対的にSEOは弱くなってしまいます。もちろん良質な記事を書くことができたら検索で上位表示させることはできますが、WordPressが有利なことには変わりありません。

独自ドメインが使えない

独自ドメインが使えないということは、ブログ自体が自分のものにならないと思います。つまり運営にブログを削除されたり、凍結される危険性が消えないと言うことです。確率は低いかもしれませんが、自分で作ってきたブログが消される可能性があるのは怖いですよね。

結論

結論ですが、冒頭で述べた通り収益化が目的であればWordPress一択です。

ただ、ブログを書く目的によっては、はてなブログでも十分な人ももちろんいますので、最後に「WordPress」と「はてなブログ」それぞれのおすすめな人をまとめました。

WordPressがおすすめな人
  • 収益化を視野に入れている人
  • ブログを自分好みにカスタマイズしたい人
  • 独自ドメインを使いたい人
  • ブログを資産にしたい人
はてなブログがおすすめな人
  • 無料でブログを書きたい人
  • 本格的に書くつもりはない人
  • 収益化は視野に入れてない人

まとめ

今回は収益目的でブログを書くには「WordPress」か「はてなブログ」どちらが優れているかを徹底解説しました。

結論、収益化なら「WordPress」ですね

もし、この記事を読んでWordPressでブログを書く決心がついた人は下記記事を参考にしてWordPressでブログを解説しましょう!

WordPressでブログ開設する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました