ブログをサボってしまった時は言い訳の記事を書こう!ネタ切れ対策におすすめ!

ブログ

ブログをやっている人で、毎日コツコツ頑張っている人は多いと思います。

しかし、そんな人でもたまにブログをサボってしまう日があると思います。

ブログをサボってしまったら罪悪感に駆られると思いますが、そんな時はサボったことの言い訳の記事を書くのがオススメです。

僕自身もブログをサボってしまった時に、言い訳のために記事を書いたら罪悪感を消してくれましたし、たまたま検索上位にも表示されました。

なので今回は

  • ブログをたまにサボってしまう
  • サボったら罪悪感に襲われる
  • 何でもいいからネタが欲しい

こんな人に役立つ記事を書いたので、気になる人は最後まで読んでください。

スポンサーリンク

サボってしまうのは仕方ない

毎日コツコツ頑張っている人でも、サボってしまいたくなる日はどうしてもやってきます。

ブログを毎日更新している人でも

  • やる気が出ない
  • 文章が書けない
  • 集中できない

こんな日はしょっちゅうあります。

このように、どんなに普段頑張っている人でもサボりたくなる日は来るものなので、サボってしまった自分に罪悪感を持つ必要はありません。

普段から頑張れていない人は、言い訳している暇はありません。

本記事は、普段から頑張っている人向けです。

常にブログに対して熱が持てない人は、ブログに対する姿勢を変えてみると良いかもしれません。

ブログをサボってしまったら言い訳の記事を書こう

ブログをサボってしまった時は、言い訳記事を書くのがオススメです。

言い訳記事を書くメリットは

  • 罪悪感が消える
  • ネタ切れ対策になる
  • モチベーションが上がる

こんな感じです。

言い訳記事を書くと罪悪感が薄れることはもちろんですし、ひとつのネタにもなります。

また、ブログのモチベーションはブログを書くことで保つことができます。

そのため言い訳記事を書くだけでも、モチベーションを上げる要因になります。

言い訳記事の書き方

まず結論ですが、言い訳のための記事を書く時の方法は特にありません。

自分の言い訳の言葉を適当に記事にしていきましょう。

ちなみに実際に僕が言い訳のために書いた記事がこちらです↓↓

実際にブログをサボってしまった日に、言い訳のためになんとなく書きました。

適当に書いた記事ですが、検索上位に表示されていて、ブログをサボった罪悪感を見事に消してくれました。

適当に記事を書いていい理由は、考えすぎて書けなくなったら意味がないからです。

ブログをサボってしまった罪悪感を消すために書くのに、その記事すら書けないとさらに罪悪感は増してしまいます。

言い訳記事を書く時のコツ

言い訳記事の内容はなんでも良いのですが、書く時に意識すると良いポイントがあります。

  • できればサボった日に書く
  • 公開しないつもりで書く
  • キーワードは意識しない

こんな感じで、記事を書くハードルを下げるようにしましょう。

ただ、できればサボってしまった日に書くことをオススメします。

サボってしまった日でも、少しだけ作業をするだけでその日も頑張った気分になります。

本来書かないといけない内容じゃないですが、言い訳のための記事でも作業をすることが大切です。

ブログを上手にサボる方法

ブログに限った話ではないですが、毎日頑張っている人定期的にサボることが大切です。

なので罪悪感を持たないように上手にブログをサボる方法を紹介します。

  • 記事をストックしておく
  • 少しだけ作業する
  • 代わりに違うことをする

上手にサボる方法はこんな感じです。

では、それぞれ解説していきます。

記事をストックしておく

ブログを頑張っている人の中には、毎日更新を継続している人もいると思います。

毎日更新をしている人はブログをサボりたくても、更新が途切れるのがいやでサボることができないと思います。

そんな人は記事をいくつかストックしておきましょう。

ブログをやっているとサボりたい日とは別で、やる気のある日も定期的にやってきます。

そんな時に、普段の1記事ともう少し記事を書くことで記事をストックしていき、サボりたい日にとことんサボれるようにしましょう。

少しだけ作業する

ブログをサボりたい日でも少しだけ作業すると、しっかり頑張った気分になれるのでおすすめです。

このときは目に見える作業をするようにしましょう。

例えば

  • タイトルだけ書く
  • 見出しだけ書く
  • 狙うキーワードを決めてメモしておく

このような作業がオススメです。

実際に目に見える作業をすることで、頑張った気分になりますし、次に記事を書く時にスタートしやすくなります。

代わりに違うことをする

ブログをサボる時は代わりに違う作業をすることがオススメです。

この時は普段やらないことをするようにしましょう。

おすすめは

  • 掃除
  • 運動
  • 読書
  • SNSでの発信

このような有益で、普段はあまりやらないことをしましょう。

ブログの代わりに普段やらないことを頑張ることで、その日はしっかり頑張れた気持ちになります。

結論、さぼってもいい

最後に結論ですが、普段頑張っている人はサボっても問題ありません。

逆に頑張りすぎると、身体や心を壊す原因になります。

ただ、サボる時も上手にサボることで、やる気を保つことができます。

ブログを上手にサボる方法をまとめると

  • 言い訳記事を書く
  • 記事をストックしておき、更新が途切れないようにする
  • 少しだけでも作業する
  • 代わりに違うことを頑張る

こんな感じです。

これらを上手に活用し、ブログの更新を頑張っていきましょう。

まとめ

今回は普段からブログを頑張っている人向けに、サボってしまった時の対処法について書きました。

頑張ることは大切ですが、たまにはサボることも重要です。

そしてサボる時は、上手にサボるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました