初心者必見!ボルダリングの始め方!

ひまつぶし

スポーツクライミング「ボルダリング」はオリンピックの正式種目としても選ばれたことからやっている人が増えつつあります。

本格的なクライマーを目指す人からエクササイズ感覚の人までどんな人でもできるボルダリング。そんなボルダリングを始めるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんなボルダリングの始め方を紹介します。

ボルダリングってなに?という人はこちら↓↓

スポンサーリンク

ボルダリングができる場所、コスト

ボルダリングジムがオススメ

ボルダリングは、ボルダリングジムやクライミングジムで楽しむことができます。

総合運動施設などに設備がある場合もありますが、道具の貸し出しや初心者向けの説明がなかったりするので、最初はボルダリング専門のジムに行くのがオススメです。

ほとんどのジムでは初心者向けのコースがあり、スタッフさんがボルダリングのやり方やコツをしっかり説明してくれます。

なので初心者でも心配することなくボルダリングを始めることができます。

コストについて

ボルダリングを始める際はだいたい3000〜4000円くらいかかります。

内訳はジムの利用料が1000〜2000円前後、初回の登録料が1000円前後、シューズやチョークのレンタル料に数百円です。

1度遊ぶのに4000円もかかってしまうと高い様な気がしますが、2回目以降は初回利用料がかからないですし、ジムによっては月単位のお得な利用券があったりします。なので継続して遊ぶ場合は1回遊ぶためのコストは下がっていきます。

ボルダリングに必要なもの

ボルダリングで遊ぶには以下のものが必要です。

  • クライミングシューズ
  • チョーク
  • チョークバック

だけです。

これだけあればボルダリングを始めることができますし、これらのものはボルダリングジムで全てレンタルすることができます。

なので初めてボルダリングをする際は手ぶらでボルダリングジムに行っても問題なくボルダリングを楽しむことができます。

服装について

どんな格好でボルダリングジムに行ったら良いの?と悩む必要はありません。ボルダリングはどんな服装でも大丈夫です。ちょっと散歩に行く時の様な格好で登っている人もたくさんいます。なので最初は適当に動きやすそうな服を選んでジムに出掛けてみましょう。

靴下を持っていこう

ボルダリングジムでレンタルシューズを使用する際は靴下を着用します。クライミングシューズの中はかなり蒸れますし、他人も使用しているので靴下は忘れない様にしましょう。

ジムでの注意事項

ジムで遊ぶ際にいくつか注意事項があります。ジムで教えてもらうことが多いですがここでも確認しておきましょう。

始めにストレッチをする

ボルダリングジムについたらまずはストレッチを行いましょう。ボルダリングは普段使わない筋肉を使うので怪我をしないためにもストレッチは大切になってきます。

周囲に気を配る

ボルダリングは楽しいので友人と行ったりすると盛り上がり、周りに注意がいかなくなることがあります。

そんなときに登り終わり飛び降りてくる人がいたり、登れなくて落ちてしまう人が近くにいる巻き込まれてしまう危険性があります。なので常に周りに気を配りつつボルダリングを楽しみましょう。

ホールドの穴に指を入れない

壁についているホールドにはボルトで固定するために穴が空いています。穴を使うとホールドが掴みやすくなり、ついつい指を入れてしまったりしますが、怪我につながりやすいので入れないように気をつけましょう。

無理をしすぎない

ジムの床は柔らかいマットになっていますが絶対に安全とは言いきれません。

そのため無理に上まで登ろうとし、変な大勢で落ちてまうと怪我につながることがあります。なのでこまめに休憩したり、体力が無くなってきたりしたらその日は無理せず切り上げるようにしましょう。

爪を切っていこう

爪は適度な長さに切っておきましょう。長すぎると削れたり、最悪剥がれてしまうなどの怪我につながることがあります。

さっそく登ってみよう

簡単そうな壁を選ぶ

ボルダリングは色々な角度の壁があり、難易度も分かれています。なので最初は傾斜のゆるそうな壁を選び簡単なコースに挑戦してみましょう

登り方

ボルダリングにはコースがあり、決められたホールドだけを使い登っていく競技です。

例えば『青の1コース』を登るときは青の1のシールが貼られているホールドだけを使い登っていきます。文章ではわかりにくいですが、基本的な登り方はジムで教えてもらうことができるのでスッタフさんに教わりつつ挑戦しましょう。

とりあえず登ってみよう

登り方がわかったらとりあえず登ってみましょう。

初心者向けのコースはすんなり登れたりしますが、難易度が上がるとだんだん難しくなって登りきることができなくなったりします。しかし回数を重ねるごとに登り切ることができるコースが増えてきて、自分の成長を実感しながらボルダリングを楽しむことができます。

登ったら降りる

1番上まで登ったら今度は安全に降りないといけません。降りるときはたくさんあるホールドを自由に使い慌てずにゆっくり降りましょう。

初心者へのアドバイス

初心者向けのちょっとしたアドバイスを伝えていこうと思います。基本的なポイントは、力まないこと、足の力で登ることです。

力みすぎない

ボルダリングは力で登っていくようなイメージが強く、初心者はつい力みすぎになります。

しかし実際はそんなに力は必要なくテクニックで登ることができます。なので肩や腕の力を抜きつつ必要な時だけ力を使うようにしましょう。

足をうまく使う

これは初心者にありがちなのですが、手でホールドを掴むと懸垂するような要領で手の力を目一杯使い登っている人がいます。このやり方では上まで登ることができてもあっという間に疲れてしまいます。

なのでまずは足を常にホールドの上に置くようにし、登るときはできるだけ足の力で登るようにしましょう。これだけで登るのがいっきに楽になります。

上手な人をよく観察する

ジムに行くとだいたいとても登るのが上手い人がいます。

上級者の人がどのような体の動かし方をしているかをよく観察し、それを真似してみましょう。勇気がある方は話しかけてみましょう。丁寧にアドバイスをしてくれる人が多いと思います。

楽しくボルダリングデビューしよう

ボルダリングは気軽に始めることができますし、お財布にも優しいです。

この記事を読んでボルダリングが少しでも気になった方は近くのジムまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました