【本格的】クライミングを始めよう!必要な道具はこれだ!

ひまつぶし

2020年東京オリンピックの新種目として注目されているスポーツクライミング。

何回かクライミングジムに通ってそろそろ自分の道具を揃えたい!そんな方におすすめの記事になっています。道具を揃えて本格的にクライミングを始めよう!

最近よく耳にするようになってきたクライミング。しかしボルダリングとは何が違うのでしょうか。まずはフリークライミングの基本をご紹介します。

スポンサーリンク

フリークライミングとは

フリークライミングは、道具を使わずに自分の体一つで壁を登ることの総称です。そのなかでもクライミングとボルダリングは少し違う種目になっています。

ボルダリング:ロープを使わず3〜5mほどの壁を登る

クライミング:安全確保のロープを使い10〜20mほどの壁を登る

また基本的にボルダリングは1人で行いますが、クライミングは1人ではできません。

クライミングのスタイル

クライミングは基本的に2人ひと組で行います。壁を登る人をクライマー、安全を確保する人をビレイヤーと呼びます。さらに登り方のスタイルは大きく分けて2種類あるので紹介していきます。

トップロープクライミング

ロープがゴールに登っている状態で登るスタイル。一見ロープで引っ張り上げられているように見えますがロープに体重はかかっていません。安全度が高く、初心者はまずトップロープクライミングから始めます。

リードクライミング

ロープがゴールにかかっていない状態で自らロープを支点にかけながら登るスタイル。クイックドローと呼ばれる支点にロープをかけながら進むので難易度が高く、ある程度クライミングが上達した中級者以上が行います。

最初に揃えるべき道具3選

  • クライミングシューズ

まず必須なのがクライミングシューズ

普段はく靴と違い、クライミングシューズはつま先からかかとまで密着したものを履きます。中級者、上級者になるとよりきつめのサイズを履くようになりますが、初めてのクライミングシューズは履きやすく、足が痛くなりすぎないサイズを選びましょう。

  • クライミングハーネス

ハーネスはロープと体を繋ぐための安全ベルトです。

ハーネスの種類は、季節やスタイルにより機能も若干変わり使い分けることもありますが、クライミングで使用する基本的な機能は備えられています。一般的なクライミングで使うときはスタンダードな定番モデルがオススメです。

  • チョーク、チョークバッグ

汗を吸収するチョークと、チョークを入れるバッグも必要です。

ボルダリングで使うチョークバッグは腰に巻くタイプや据え置きタイプを使いますが、クライミングは登っている最中にチョークをつけるので、主に腰に巻くタイプを使います。チョークバッグはたくさんの種類のデザインがあるので、ファッション的な要素として選ぶのもオススメです。

更にレベルアップするために必要な道具3選

  • ビレイ器、安全環付きカラビナ

穴にロープを通して使うビレイ器。そのビレイ器はハーネスとつなげる必要があり、安全環付きカラビナを使ってつなげます。ビレイ器はいくつかの形状があり、スタイルにより適しているビレイ器が変わります。初めて買うときは定番の形状のビレイ器が最適です。

  • ビレイグローブ

ビレイを操作する際に、ロープの摩擦から手を守るビレイ専用のグローブが必須です。軍手は耐久性やグリップ力に欠けるため、専用のビレイグローブを用意しましょう。

  • クライミングロープ(ジム用)

クライミングで使うロープは、ロープの重さや径により利用するシーンが異なります。インドアやアウトドアのリード・トップロープクライミングに適したロープは径が8.9〜11mm。またジムで使う場合は30〜40mの長さで、撥水加工が省かれたロープがオススメです。

岩場に行く際に必要な道具3選

  • ヘルメット

自然の岩を登るクライミングは落石や登っている最中に落ちてしまうなど、危険があります。ヘルメットを着用することにより危険から身を守ることができるのでヘルメットは必須です。

  • クイックドロー(ヌンチャク)

リードクライマーはゴールまでのいくつかの支点にロープをかけながら登ります。支点にロープをひっかけるときに使う道具がクイックドロー。クライマーの中では通称ヌンチャクと呼ばれています。

  • クライミングロープ(外用)

外用のロープもジム用と同じ径のロープを使いますが、外用は撥水加工が施されて長さが50〜60mのロープがおすすめです。

さっそくクライミングにでかけよう

クライミングは自分の成長を感じられやすい競技です。

この前まで登れなかった岩を登れるようになったときは成長をしっかり感じられ達成感も大きいです。あなたもクライミングの道具を揃えて山に出かけてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました