仮想通貨Airdrop(エアドロップ)とは?簡単に参加する方法も解説! 

仮想通貨

みなさんは仮想通貨Airdrop(エアドロップ)をご存じですか?

スマホのエアドロップの機能は使っている人も多いと思いますが、仮想通貨のエアドロップは聞き慣れないと思います。

なので今回は、仮想通貨Airdropについて解説します。

  • 仮想通貨エアドロップについて知りたい人
  • Airdropに参加したい人
  • 仮想通貨を選びたい人

こんな人は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

仮想通貨Airdropとは?

仮想通貨エアドロップは、無料で仮想通貨を貰えるプロジェクトです。

仮想通貨をたくさんの人の配ることで、通貨の知名度を上げることを目的にしています。

エアドロップを使うと無料で仮想通貨を貰えるのですが、その仮想通貨が値上がりすることで利益を出すこともできます。

リスクはないの?

仮想通貨エアドロップは無料で参加できるのですが、他にリスクがないのか気になると思います。

実際に仮想通貨エアドロップで提示するものは

  • SNSのアカウント
  • メールアドレス

このくらいです。

なので仮想通貨エアドロップには基本的にはノーリスクだと思って大丈夫です。

ただ、中には仮想通貨ウォレットのパスワードなどの、個人情報の入手を目的とした詐欺のようなものもあるようです。

なのでもし、仮想通貨エアドロップに参加した際に、ウォレットのパスワードなどを求められても絶対に提示しないようにしましょう。

過去に配られた仮想通貨

過去に配られた仮想通貨で値上がりしているものは

  • Byteball
  • ONT
  • BitcoinCash

などがあります。

また、これら以外にも多くの仮想通貨がAirdropで配られています。

仮想通貨Airdropに参加する方法

仮想通貨Airdropに参加する方法はたくさんありますが、その中でも簡単に仮想通貨Airdropに参加できる方法を解説します。

その方法には、CoinMarketCapというサイトを使います。

CoinMarketCapはたくさんの仮想通貨の情報を発信しているサイトで、仮想通貨エアドロップも頻繁に行っています。

ここでは簡単に仮想通貨エアドロップに参加できるので、今回はそのやり方を紹介していきます。

Airdrop参加に必要なもの

今回紹介する仮想通貨Airdropに必要なものは

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント
  • Telegramアカウント
  • 仮想通貨ウォレット

こんな感じです。

他にもエアドロップする方法はあるため、やり方によってはメールアドレスなど必要なものが増えることもあります。

ただ、どれも簡単に用意できるのでエアドロップに参加したい人は用意しておきましょう。

仮想通貨ウォレットは必須

仮想通貨を受け取るにはウォレットは必ず必要です。

これから仮想通貨を触っていきたい人は絶対に使うことになるので、面倒に思わないで今のうちに用意しておきましょう。

仮想通貨ウォレットは「Metamask」が一般的でおすすめです。

ウォレットの作り方は「メタマスク 始め方」などで検索してみてください。

仮想通貨Airdropに参加する流れ

CoinMarketCapでエアドロップに参加する流れはこんな感じです。

  1. CoinMarketCapにアクセス
  2. 参加するエアドロップを選ぶ
  3. 参加要項をこなす

このよう流れでエアドロップに参加できます。

では解説していきます。

実際にAirdropしてみよう

まずはCoinMarketCapのエアドロップ参加ページにアクセスします。

サイトは英語ですが、パソコンの場合は日本語に翻訳して使いましょう。

エアドロップする仮想通貨を選ぶ

「Ongoing Airdrops」が現在進行形のエアドロップです。

右側に終了までの期間が書いてあるので、時間があまり無いものから選びましょう。

プロジェクトを選んだら仮想通貨名をクリックしましょう。

参加要項をクリアする

仮想通貨を選びページに飛んだら「Join This Airdrop」からエアドロップに参加します。

その後参加に必要な項目が表示されるので順番にこなしていきましょう。

すべての項目をクリアしたら「Join Air drop」で申し込みは完了です。

項目は仮想通貨によって変わるので、英語でわからない場合は翻訳しながらこなしていきましょう。

ほとんどの場合は

  • ウォッチリストに追加
  • Twitterのフォロー
  • Facebookのフォロー
  • テレグラムへの参加

このような項目をこなすことで完了します。

ウォレットアドレスを忘れずに

エアドロップで当選してもアドレスを提示していないと、仮想通貨が送られてくることはありません。

なのでアドレスを間違えないように、しっかり貼り付けるようにしましょう。

上の写真の場合「Binance smart Chain Wallet Address」の欄にアドレスを貼ります。

また、仮想通貨のネットワークを間違えないようにしましょう。

仮想通貨のネットワークとは

仮想通貨は、その仮想通貨ごとに色々なネットワークを使ってコインのやりとりをしています。

そのネットワークを間違えると仮想通貨を紛失してしまうので、間違えないようにすることが大切です。

きちんと説明すると長くなるので気になる人は調べてみてください。

完了

これでエアドロップは完了です。

あとは自分のウォレットに仮想通貨が送られてくるのを待ちましょう。

もしかすると無料で貰った仮想通貨が値上がりして大きな利益を得られるかもしれません。

まとめ

今回は仮想通貨Airdropについてと、簡単にエアドロップに参加する方法を解説しました。

仮想通貨はこれから値上がりする可能性も大いにあるので、知らない仮想通貨も集めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました