PCにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法を解説!

仮想通貨

仮想通貨を扱うときに必須なのがWalletですが、その中でも代表的なメタマスクは多くの人が利用しています。

そんな仮想通貨取引に必須とも言えるメタマスクのインストール方法を解説していきます。

  • これから仮想通貨取引をやっていきたい人
  • メタマスクをインストールしたい人
  • 仮想通貨のWalletが必要な人

こんな人は本記事を参考にしてください。

簡単に5分もあれば終わるので、初心者でも安心してインストールできます。

スポンサーリンク

メタマスクインストールに必要なもの

まずメタマスクのインストールに必要なのは

  • PC
  • Google Chrome

この二つです。

本記事はPC用の解説なのでPCが必要なのですが、スマホアプリでもメタマスクは利用可能なので、PCがない人はスマホアプリを使いましょう。

※スマホアプリでの利用方法は別記事で解説予定です。

また、メタマスクは拡張機能なので「Google Chrome」が必要になります。

Google Chrome以外にもメタマスクを利用できるブラウザはありますが、おそらく1番利用者の多いGoogle Chromeを例に解説していきます。

メタマスクのインストール方法

メタマスクのインストールの流れはこんな感じです。

  1. Chromeにメタマスクを追加
  2. パスワードの設定
  3. シードフレーズの確認

5分もかからず終わるので、さっさと済ませて仮想通貨取引を始めましょう。

Chromeにメタマスクを追加

まずはChromeウェブストアでメタマスクをインストールしていきます。

拡張機能を追加

「Chromeに追加」をクリックし、「拡張機能を追加」からメタマスクを追加しましょう。

メタマスクを始める

追加が完了するとメタマスクを使えるので、そのまま初期設定をやっていきましょう。

ウォレットの作成

初めてメタマスクを利用する人は「ウォレットの作成」をクリックし、先に進みます。

その後「品質向上へのご協力のお願い」を確認したらパスワードの設定をやっていきます。

パスワードの設定

パスワードを決めて入力していきます。

このパスワードはログイン時に必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

パスワードを入力し、利用規約を確認したら次に進みましょう。

シードフレーズの確認

シードフレーズはアカウントの復元などに使うパスワードのようなもので、とても大切です。

シードフレーズのバックアップ

クリックするとシードフレーズが表示されます。

シードフレーズは次のステップや、アカウントの復元に利用するので忘れないようにメモしておきましょう。

シードフレーズの確認

先ほどメモしたシードフレーズを順番通りにクリックしていきましょう。

シードフレーズについて

シードフレーズは、アカウントの復元などに使うため、流出してしまうとアカウントを乗っ取られる可能性があります。

そのためシードフレーズは、誰にも漏らさないように大切に保管することが大切です。

また、仮想通貨を扱うサービスなどでシードフレーズを求められることはありません。

もし、シードフレーズの提示を求められたら資産目的の詐欺行為の確率が高いので、絶対にシードフレーズは提示しないようにしましょう。

作成完了

以上でメタマスクアカウントの作成は完了です。

これで実際に仮想通貨を保管したり、仮想通貨系のサービスとの提携ができるようになります。

メタマスクの使い方

メタマスクでよく使う機能の

  • 入金
  • 送金
  • ネットワークの追加

この辺りを簡単に解説します。

まずはメタマスクを開いていきます。

Google Chrome右上の「拡張機能」の中からメタマスクを開いていきましょう。

仮想通貨の入金

メタマスクはアカウント名の下にアドレスが表示されているので、そのアドレスに仮想通貨を送金することで入金できます。

また、アドレスでの入金が不安の人はアカウント名の横にある「・・・」をクリックし「アカウントの詳細」でQRコードを表示できるので、そちらから入金するようにしましょう。

仮想通貨の送金

送金にはメタマスクの「送金」をクリックし、必要事項を入力していきます。

  1. 送信先のアドレス、またはQRコード
  2. 送金する金額

これらを入力したら送金することができます。

ネットワークの追加

仮想通貨にはたくさんのネットワークがあります。

これらはメタマスクの最初から入っていないものもあるので、それを使う場合は自分で追加しないといけません。

ネットワークを追加するにはまず、上の方にある「イーサリアムメインネット」の横にある▽をクリックします。

その後1番下の「カスタムRPC」をクリックし、追加するネットワークの

  • ネットワーク名
  • RPC URL
  • チェーンID

などを入力していきます。

ネットワークの追加は最初は使わなくとも、本格的に仮想通貨を扱うのであれば必ず使うことになるので、なんとなくやり方を理解しておきましょう。

まとめ

今回はPCでのメタマスクのインストール方法を解説しました。

メタマスクは仮想通貨を扱う人には必須なので、インストールがまだの人はインストールしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました