【話題】NFTって何?誰でも理解できるように超わかりやすく解説!

仮想通貨

みなさん「NFT」って知ってますか?

おそらく言葉は聞いたことあるけど、調べてみてもだらだらと長文で説明されていて、読む気にならないという人が多いのではないでしょうか?

今回はそんな人に向けて「NFT」を超わかりやすく解説します。

結論から言うと「NFT」とは

  • Non Fungible Token(代替不可能なトークン)の略
  • デジタルデータを唯一無二にしたもの
  • どんなデジタルデータでもNFTに出来る

こんな感じです。

流石にこれだけではまだわからないと思うのでもう少し解説していきます。

スポンサーリンク

NFTとは?

NFT=Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略

日本語に訳すと「代替不可能なトークン」になります。

代替不可能なトークンってなに?ってなると思いますが「世界に一つしかないもの」と解釈して大丈夫です。

そして、NFTとはデジタルデータのことなので、世界に一つしかないデジタルデータが「NFT」になります。

デジタルデータって?

NFTでいう「デジタルデータ」はインターネット上のものならなんでもありです。

  • 写真
  • アート
  • 音楽
  • 動画
  • ゲームのキャラクター
  • SNSの投稿

などのインターネットにアップされているものは全てNFTにすることができます。

ここまで読むとNFTが世界に一つだけのデジタルデータだということは分かったと思います。

これで「NFTってなに?」と聞かれた時に答えることはできますが、正直まだよくわからないと思います。

なので、もっと詳しく知りたい人向けにNFTの仕組みも簡単に解説していきます。

NFTの仕組み

デジタルデータ(例えば写真)ってコピーできるし、どうやって世界に一つだけにするの?

代替不可能と聞くとこのような疑問が生まれると思います。

デジタルデータのNFTが世界に一つだけのものにする仕組みは簡単で、デジタルデータに番号を振っているだけです。

番号は証明書のようなものですね。

つまり、デジタルデータに番号がついているものがNFTで、それ以外のものはNFTのコピーになります。

証明書付きのデジタルデータ=NFTということです。

どうやって管理するの?

証明書付きのデジタルデータなんて簡単にコピー(偽物)が作れそうですが、実はそんなことは出来ません。

それはブロックチェーンを使ってしっかり管理しているからです。

ブロックチェーンの簡単な説明

ブロックチェーンはみんなで管理するための仕組みです。

例えばこの仕組みを使うと、

AさんがBさんにNFT(デジタルデータ)を送った時に

全世界の人がこの行動を知ることができ「現在BさんがNFTを持っていること」が全世界の人の共通認識になります。

この仕組みを使うことで、CさんがNFTのコピー(偽物)を作り所持しても、NFTはBさんが持っているとみんなが共通して認識しているので、CさんのNFTはコピー(偽物)だと見抜くことができるのです。

※実際はブロックチェーンは匿名で、名前ではなくアドレスを使い管理しています。

これでNFTとその仕組みをなんとなく理解できたと思います。

最後にNFTの例を見てみましょう。

NFTの例

NFTの例を紹介していきます。

実際にNFTを見てNFTの理解をもっと深めていきましょう。

アート

NFTといえばまず思いつくのはアートだと思います。

NFTアートはNFTのオークションサイトでたくさんの取引がされています。

NFTアートで有名なものは、2021年3月に日本円で約75億円で落札されたデジタルアートです。

75億円で落札されたモザイクアート(NFT)

他にもNFT市場にはたくさんのアート作品が出品されています。

OpenSeaより引用
ゲームのアイテム

ゲームの世界でもNFTは登場していて、ゲーム内のキャラクターやアイテムがNFTになっています。

NFTの登場によりゲームキャラクターやアイテムの売買などができるようになり、ゲームで稼ぐことも可能になりました。

こちらはNFTの猫を繁殖するゲーム「CryptoKitties」のにゃんこです。

CryptoKittiesより引用

他にも最近(2021年8月)だと、Axie Infinityというカードバトルゲームのゲーム内の土地が、約1億5000万円で落札されたことが話題になっています。

Twitter

ゲーム内の土地にこんな価値が付くなんてよくわからないですよね。

SNSの投稿

SNSの投稿もNFTにしてオークションにかけたところ高額で落札された例があります。

それは、TwitterのSEO「ジャック・ドーシー」が初めて呟いたツイートで、約3億円で落札されています。

そのツイートはこちら

「Twitterの設定をしてるよ」的なツイートですね。

他にも日本人の「与沢翼」のツイートも1000万円ちょっとで落札されています。

他にも

NFTはこれら以外にも

  • 音楽
  • 動画
  • カード
  • ドメイン

など、たくさんのものがあります。

NFTのオークションサイト

OpenSea

他にもたくさんのものがあるNFTを見るには、NFTのオークションサイトを覗いてみると良いと思います。

NFTのオークションサイトは「OpenSea」が有名でおすすめです。

気になる人は色々なNFTを見てみましょう。

まとめ

今回はNFTについてわかりやすく説明しました。

本記事を読んでNFTがもっと気になった人は、NFTを買ってみると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました