Play-to-Earnとは?ブロックチェーンゲームで稼ぐことができる世界

仮想通貨

みなさんは最近聞くようになった「Play-to-Earn」とはどのような意味か知っていますか?

結論からいうと「Play-to-Eran」とは「ゲームで稼ぐ」という意味です。

この言葉にはこれ以上の意味はないですが、これを聞いた人は「ゲームで稼げるの?」といった疑問が生まれると思うので、解説していきます。

  • Play-to-Eranってなに?
  • ブロックチェーンゲームとは?
  • ゲームで稼げるの?

こんな疑問をお持ちの方は最後まで読んでください。

スポンサーリンク

Play-to-Eranとは?

Play-to-Eranとは冒頭で述べたように「ゲームで稼ぐ」という意味です。

ゲームで稼ぐと聞くと、大会で優勝し賞金で稼ぐみたいなモノをイメージをすると思いますが、Play-to-Eranとはそういったモノではありません。

Play-to-Eranゲームはプレイするだけで稼ぐことができます。

ここだけ聞くととても怪しく感じると思うのでもう少し詳しく解説していきます。

Play-to-Eran=ブロックチェーンゲーム

Play-to-Eranができるのはブロックチェーンゲームです。

ブロックチェーンゲームとは、ブロックチェーンの技術をゲームに応用したモノでアイテムがNFTになっています。

NFTについてはこちら↓↓

ゲームで稼げる仕組み

ゲームをプレイするだけで稼げるのは不思議だと思うので、その仕組みを簡単に解説していきます。

Play-to-Eranでゲームで稼ぐのには主に二つのパターンがあります。

  • ゲームの報酬で稼ぐ
  • ゲームアイテムの売買で稼ぐ

主にゲームで稼ぐにはこの二つの方法があり、Play-to-Earnは主にゲームの報酬で稼ぐことを指す場合が多いです。

ゲームの報酬で稼ぐ

Play-to-Eranゲームでは、プレイした報酬に仮想通貨を貰うことができます。

その仮想通貨を売ることで利益になり、結果としてゲームで稼ぐことができるのです。

ゲームアイテムの売買で稼ぐ

ブロックチェーンゲームは、ゲームのアイテムがNFTになっているため、アイテム自体に価値があります。

そのアイテムの価格は需要によって変動するために、売買を繰り返すことで利益を上げることができます。

Play-to-Eranゲームの例

Play-to-Eranができるゲームにはたくさんの種類があります。

その中で現在流行っているモノだと

  • Axie infinity
  • The Sandbox
  • Sorare
  • My Crypto Heroes

などがあります。

例えば、Axie Infinityの場合報酬にSLPという仮想通貨がもらえるので、この通貨を売ることで利益になります。

特にアクシーインフィニティは日本でも流行っていて、スカラーシップというアルバイトのような形でプレイすることもできるので、気になる人は調べてみてください。

ブロックチェーンゲームの始め方

ブロックチェーンゲームの始め方はゲームによってさまざまですが、必ず必要な手順もあります。

  1. 仮想通貨の購入
  2. ゲームアイテム購入

こんな感じです。

ブロックチェーンゲームを始めるまでの手順は多く、詳しくは解説できないので簡単に説明します。

仮想通貨の購入

ブロックチェーンゲームをプレイするには、仮想通貨が必要です。

ゲームをプレイするには、仮想通貨でしか買えないアイテムを用意する必要があるからです。

ただ、中には仮想通貨がなくてもプレイできるゲームもあるのですが、本格的にやっていくには仮想通貨は必須ですので用意しましょう。

ゲームアイテムの購入

ゲームをプレイするために必要なアイテムを購入します。

例えば、先ほど紹介した「Axie Infinity」の場合、アクシーというモンスターを3体用意しないとゲームを始められません。

このようにブロックチェーンゲームはプレイするのに、ゲーム内アイテムの購入が必須になっています。

ゲームによって全然違う

ゲームを始めるまでの流れを簡単に説明しましたが、正直ゲームによって始め方は全然違うので、あまり参考にならないと思います。

中には始まるまでの手順がとても多いものもあり、ゲームを始めるハードルは高いです。

しかし始めることができたら、ゲームで稼ぐという貴重な体験ができるので挑戦してみてください。

まとめ

今回は話題のPlay-to-Eranについて解説しました。

聞き慣れない人にはよくわからない話ですが、実際にゲームで得た収入で生活している人もいます。

なので本記事を読んで、Play-to-Eranゲームに興味を持った人は実際に挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました