デザイン系の副業を9種類紹介!気になる単価や難易度もわかります!

デザイン

デザインでお金を稼ぐってかっこいいですよね。

実はデザインに関する副業は初心者からでも始めやすいものも多いです。

なので今回はデザイン系の副業をいくつか紹介していきます。

  • 副業に挑戦したい
  • デザインに興味ある
  • 絵を描くのが好き

こんな人には役に立つので最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

デザイン系の副業6選

紹介するデザイン系の副業はこんな感じです。

  • バナー制作
  • ロゴ制作
  • 名刺制作
  • ポスター制作
  • Youtubeのサムネイル制作
  • 表紙デザイン

ではそれぞれ詳しく紹介していきます。

バナー制作

バナーとは広告として使うための画像のことで、バナー制作は案件の多い副業です。

単価は5000円ほどで難易度は低めです。

初心者でも取り組みやすい副業で、スキルを身につけるにはたくさんあるバナー広告を、どんどん真似してバナーを作っていくだけなので簡単です。

ロゴ制作

ロゴはテキストのものからマークだけのものまで様々で、制作費用も企業によってはかなりの額を費やすこともあります。

副業としてロゴ制作をするときの単価は30000円ほどで、初心者には難易度は少し高めです。

ロゴは完成されたものを見ると簡単に作れそうですが、実際にゼロから作るとなるとスキルだけでなくセンスも必要です。

名刺制作

名刺は個人の印象を決めるための大事なアイテムなので、デザインにこだわる人は多いです。

ですが、名刺に記載するものは決まっているため、どの名刺もデザインに大きな違いが生まれにくいです。

単価は5000円程度のものが多く、難易度は低めです。

名刺制作は難易度が高くなく、必要とされるスキルも初心者でもすぐに身につけられるようなものなので、デザイン初心者でもオススメです。

ポスター制作

ポスターは商品の宣伝にまだまだ多く使われています。

単価は20000円ほどで難易度は少し高めです。

ポスターは紙のサイズが大きめでデザインする範囲が広くなるので、全体の構成や細かいところのデザインなどすることが増え難易度はあがります。

なので初心者がいきなり挑戦するより、ある程度デザインに慣れたところでやってみるのがおすすめです。

Youtubeのサムネイル制作

サムネイル制作の仕事は、YouTubeで稼ぐ人が増えると同時に増えてきました。

単価は2000円程度で難易度は低めです。

サムネイルは入れる文字や画像を指定されることも多く、細かいデザインは不要なので初心者でも挑戦しやすいです。

表紙デザイン

表紙デザインとは書籍などの表紙を作る仕事です。

最近、Kindleで誰でも簡単に本を出版できるようになったため、個人で本を出す人が増え表紙デザインの案件が増えてきています。

単価は5000円ほどで難易度は割と低めです。

書籍は今までにたくさんのものが出版されているため、表紙のサンプルはたくさんあります。

そのため初心者でも、売れている本の表紙を真似ることで、意外と簡単にデザインすることができます。

デザイン×〇〇副業3選

次にデザインスキルと別のスキルを組み合わせることでできる副業を紹介します。

  • Web制作
  • 動画編集
  • ブログ

こんな感じです。

ではそれぞれ解説していきます。

Web制作

Web制作はデザイン×プログラミングの仕事です。

Web制作の中にも

  • LP制作
  • ホームページ制作
  • コーディング

など、様々です。

Web制作は初心者から始めるには難易度は高めですが、案件によっては単価が10万円を超えるものもあり、一度スキルが身につくと安定して稼げるようになります。

動画編集

動画編集はデザイン×動画の仕事です。

デザインスキルとは求められるものが少し違いますが、デザインスキルがあればサムネイルも一緒に作り仕事の単価を上げたりもできます。

動画編集はこれからも需要が増えていくスキルなので、気になる人は挑戦してみてください。

ブログ

ブログはデザイン×ライティングのスキルを使い稼ぐことができます。

ブログは主に文章を書くことがメインですが、サイトを自分なりのデザインにすることで周りと差別化し、収入を上げる要因を作ることができます。

ブログで稼ぐのは根気が必要ですが、上記で紹介したものと違い資産性があり、寝ている間にも稼いでくれるようになります。

デザインも好きだし、文章を書くのが得意な人はブログに挑戦してみるのも良いかもしれません。

デザインで稼ぐには?

最後にデザインで稼げるようになるまでの大まかな流れを解説します。

  1. 環境作り
  2. スキルの基礎を身につける
  3. ポートフォリオ作り
  4. 案件受注

だいたいこんな感じです。

環境作り

デザインをするためにはパソコンとデザインソフトが必要です。

パソコンはある程度のスペックがあるもの、デザインソフトはAdobeのソフトが必須です。

本格的にデザインで稼ぐにはAdobeのコンプリートプランがおすすめです。

年間で7万円ほどしますが、デザインで稼ぐには必要な経費なので割り切りましょう。

Adobeのコンプリートプランをほぼ半額で使う方法↓↓

スキルの基礎を身につける

基礎を身につける作業は、個人的にはあまり時間はかけなくて良いと思っています。

ある程度ソフトの使い方がわかったら、上記で紹介したものから挑戦したい仕事を決め、とりあえず作ってみると良いと思います。

ポートフォリオの作成

ポートフォリオは、案件を取るときにクライアントに自分の実績として提示するものです。

実績といっても今まで作った作品を見せて、仕事を任せられるか判断してもらうだけのものです。

なのでスキルをつける際は、ポートフォリオを作ることを目標にし、スキルが身についた頃にはすぐに案件が取れるようにがんばりましょう。

案件の受注

案件を取る方法は

  • クラウドソーシングを使う
  • SNSを使う
  • 知り合いから探す

などがありますが、最初はクラウドソーシングがおすすめです。

初心者でも出来る案件もたくさんあるので、まずはどのような案件があるのか確認してみましょう。

サービスは「ランサーズ」や「ココナラ」がオススメです。

まとめ

今回はデザイン系の副業をいくつか紹介しました。

初心者からでも始めやすい副業も多いので、副業に興味がある人は是非挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました