世界一危険!?ウイングスーツ・ベースジャンプとは?

ひまつぶし

みなさんは「ウイングスーツ・ベースジャンプ」をご存知ですか?

ウイングスーツ・ベースジャンプはエクストリームスポーツのひとつで世界一危険とも言われています。今回はそんなウイングスーツ・ベースジャンプについて紹介していきます!

エクストリームスポーツについて知りたい方はこちら↓↓

スポンサーリンク

ウイングスーツ・ベースジャンプって何?

ベースジャンプとは断崖などの高いところからパラシュートで降下するスポーツなのですが、ウイングスーツ・ベースジャンプはこれとは少し違います。特殊なスーツを着て崖の上から飛び降りモモンガのように滑走するスポーツです。これを聞いただけで危険だとわかるのですが実際世界一危険だと言われるスポーツはどのくらい危険なのでしょうか?

危険性

ウイングスーツ・ベースジャンプは最高速度が時速200km以上にもなり、とても事故が多いスポーツです。また、事故=死に直結のため年間20人余りの死者が出ているそうです。特に2016年は31件もの死亡事故が起きていてこのスポーツの危険性が数字に現れています。

ウイングスーツ(ムササビスーツ)とは?

ウイングスーツは一般的にナイロン素材で出来ているスーツで、人間の手足の間にムササビのような羽を取り付けたような構造となっていてムササビスーツとも呼ばれます。スーツは単なる翼の役割だけでなく、ラムエアー構造と呼ばれる空気が入るとパンパンに膨らみ硬くなる仕組みが作られています。これにより揚力を得られ、空を滑空できるようになるそうです。

挑戦するには?

ウイングスーツに挑戦するには、スカイダイビングに関する豊富な経験が必要です。

具体的には

  • ライセンス持つ現役のスカイダイバーで500回以上の通常スカイダイビング経験がある方
  • 最低200回以上の通常スカイダイビング経験とインストラクターの指導を受けた方

このどちらかを満たさないといけません。またウイングスーツは20万円ほどするそうで、お金も手間も掛かります。なぜここまでしてウイングスーツ・ベースジャンプに挑戦するのでしょうか。

魅力はなに?

世界一危険で死ぬ可能性もあるウイングスーツ・ベースジャンプ。普通の人であれば絶対にやりたくないと思いますが、挑戦する人は居なくなりません。なんのために飛ぶの?と疑問に思いますが、たくさんの人が挑戦するだけの魅力はいったい何なのでしょう?

飛んだ人にしかわからない

ウイングスーツ・ベースジャンプに挑戦する人は間違いなく変わった人でしょう。そんな彼らは飛んでいる間の1~2分間に他では味わえないような感覚を味わえるそうです。大変危険ですがたくさんの人が挑戦するのは飛んだ人にしか理解できない素晴らしい魅力があるのかもしれません。

挑戦してみますか?

ウイングスーツ・ベースジャンプは危険ですが、もし経験することができたら一生忘れない体験になると思います。もし興味が出た方はゲームなどで疑似体験できるそうなのでやってみてはいかがでしょうか?

それにもし、実際に体験したいという勇者がいましたら、入念な準備を重ねた上で挑戦してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました