【最新版】iPadの純正メモアプリ使い方!基本から便利な小技まで!

学び

iPadに最初から入っているメモアプリ、みなさん使いこなせていますか?
純正のメモアプリを使いこなすことができれば、有料のノートアプリはもう必要なくなります!なので今回は、iPad純正メモアプリの使い方の基本から応用まで紹介していきます!

多くの機能はiPhoneやMacでも活用できるのでiPadが無い方も読んでみてください!

iPadが欲しい方はこちらから↓↓

スポンサーリンク

基本の使い方

仕事、プライベートでもメモを取ることはとても大事です。iPadに最初から入っているメモアプリを使いこなせるようになれば、大事なメモをとるのも楽しくなります!そのためにまずはメモアプリの基本的な使い方を身につけましょう!

フォルダの作成

フォルダを作成することで、メモの管理が楽になります。仕事や趣味などで分けてフォルダを作成し、うまく活用しましょう。

メモの作成

各ボタンの機能

メモアプリの各ボタンの機能を紹介していきます。

メモを新規作成するときは右上のボタンをタップします。タップすると新規メモが開きキーボードが出てくるので基本的なメモはこれで行えます。

チェックリスト

チェックリストを作成できるボタンです。ボタンを押すと行の先頭に「◯」が表示されタップすることでチェックを入れることができる便利な機能です。

写真、ビデオ、スキャン

ボタンをタップすることでメモに写真やビデオを貼り付けることができます。

ドキュメントスキャン

書類をスキャンしアップロードできる機能も付いていてとても便利です。

手書き

ツールバーが出てきて手書きでメモを取ることができます。

「Apple Pencil」を使うと書きやすく、メモに絵を添えてみたり少し落書きするのにも使えます。

テキストの間に書きたい時は書きたい所を長押しし、タップメニューから「描画を挿入」を選択しましょう。

Apple Pencilを使ってみよう!

全画面表示

名前の通り全画面にメモを表示できるボタンです。メモを広く使いたい時にタップしましょう。もう1度タップすると元に戻すことができます。

詳細ボタン

メモに何も書いてない状態で押すと「罫線と方眼」と表示されメモの背景を変えることができます。

メモに何か記入してある状態で押すと、複数の便利な機能が使えます。

表の作成

キーボードの右上にあるボタンから表を作成することができます。

表をタップすると「…」が出てきて行や列の追加、削除などができます。

保存は?

メモには保存ボタンはありませんが自動的に保存されます。メモを書いたらそのままアプリを閉じて大丈夫です。

同期しているApple製品があると自動的にメモも同期されるので非常に便利です。

小技集

Appleのメモアプリには覚えておくと便利な機能がたくさんあります。今回はそのなかのでもオススメの機能を紹介していきます。

テキストの装飾

テキストは「Aa」というマークから装飾することができます。タイトルにして文字を大きくしたり、文字にアンダーラインを引いたりしたいときは使ってみましょう。

Split View

Split View(スプリッドビュー)は、iPadで2画面表示にできる機能です。ドックを表示後にアプリアイコンをドラッグすることで使えます。

スプリッドビューで2画面表示にすることでメモアプリにデータの貼り付けをすることができます。

メモをパスワードで保護

重要なデータをメモに入れておきたい時にメモをパスワードで保護することができます。

Apple Pencilを使いスクリーンショットが撮れる

Apple Pencilを使っている方は、画面左下から中央に向かいペンをスライドすることでスクリーンショットを撮ることができます。

小さいキーボードに変換

メモのキーボードはから小さいキーボードにも変更できます。二本指でキーボードをタッチし縮めるような動きをします。大きいキーボードは個人的にとても使いにくいのでよく使う機能です。

まとめ

今回はiPad純正のメモアプリの基本的な使い方と便利な機能を紹介しました。最初から入っているアプリなのにたくさんの機能があり驚いた方も多いと思います。紹介したもの以外にもまだまだ便利な機能があるので是非、純正のメモアプリを使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました