【簡単に習慣化】誰でも確実に早起きする究極の方法と4つのコツ!

生き方

あなたは早起きできていますか?

早起きは三文の徳という言葉の通り、早く起きることができたら仕事でも遊びでもできることが増え、様々なメリットがあります。一方で、朝なかなか起きられないと自由に使える時間が減り、それが休日だと損をした気分になることもあります。

ただ、そんなことはみなさん知ってますよね

そして誰しもが1度は早起きの習慣化に挑戦したことがあり、ことごとく挫折してきたと思います。なので今回は早起きの習慣化に失敗したような人でも簡単に早起きできる究極の方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ネットに散らばるたくさんの方法

インターネットで早起きの方法を調べるとたくさんの知恵が出てきますよね。ですが大体のものは聞いたことがあるもので実践したことある人も多いのではないでしょうか。

いくつか例をあげてみます

起きたら

  • 歯を磨く
  • シャワーを浴びる
  • 運動をする
  • 水を飲む

寝る前に

  • 食べない
  • スマホを見ない
  • 読書をする

他にも

  • 1.5時間周期で寝る
  • 休日も同じ時間に起きる
  • 日光を浴びる
  • 目的を持つ

などなど

さて、これらの早起きのコツは間違ってはいません。

寝る間に睡眠の質を上げる工夫をしたり、起きてすぐに目を覚ますための工夫をすることで早起きができるようになるかもしれません。しかし一番大事なところはもっと別のところにあると思います。

早起きの方法

【結論】布団から出る

早起きするための方法はとにかく布団から出ることです。

朝起きて布団から出られたら間違いなく勝ちです。

逆にいえば布団から出るまでが早起きで1番難しいところです。実は朝起きること自体はそんなに難しくなく、みんなアラームを止めるためにしっかり起きています。しかし、いくら朝目覚ましどおりに1度起きられても、布団から出ることができなければ、もう1度眠ってしまうでしょう。

朝起きて少しスマホを触ってもう1度眠りについてしまっては意味がありません。

先程上げた例では朝目を覚ますための工夫しているのは、布団から出た後で1番大事な「布団から出る」という要素が抜けています。なので朝しっかりと目を覚ますためにとにかく布団から出ることを意識しましょう。

布団から出るための4つのコツ

とにかく布団から出ることが大事と言いましたが、そのためにはどうしたらいいのかわからないと思います。そこで布団から出るためのコツを4つ紹介します。

単純ですがこれをこなすことができたら間違いなく早起きの習慣を身につけることができるでしょう。

スマホを遠くに置く

これが1番大事です。

ほとんどの人は朝起きたらすぐにスマホを触ると思います。その時は布団の中で触ってしまいがちですが、スマホは布団から出ないと触れない位置に置くようにしましょう。そうするとアラームを止めるためや通知を確認するために、布団から出て少し歩くことになるので、しっかり目を覚ますことができます。

寝る前にスマホを触りがちになる人は充電器を布団から離れた場所に置くのがオススメ!

トイレに行ったら布団に戻らない

朝起きたらトイレに行く人は多いと思いますが、トイレに行った後に布団に戻ってはいけません。そのまま顔を洗ったり、歯を磨くなどして、とにかく布団には戻らないようにしましょう。トイレに行って、ちゃんと起きたつもりでいても布団に戻るとまた睡魔が襲ってきて眠ってしまいます。

ご褒美を用意しておく

朝起きたら睡魔に勝るようなご褒美を用意しておきましょう。例えば朝起きて自分の大好物を食べられるようにしておくと積極的に布団から出たくなります。

家族がいる方は家族に「自分が何時までに起きなかったら大好物を食べていいよ」と約束しておくと、大好物を取られないために早起きできるのでオススメです。

布団の中で転がる

布団の中で運動することで、体温が上がり目が覚めてきます。なのでよく布団の中でストレッチをすると早起きできると言われていますが、しっかりストレッチをするのは少し面倒くさかったりします。そんな時は転がるだけで十分です、何回か左右に転がってみましょう、少しずつ目が冷めてきます!

転がるときに回数を声に出して数えることでさらに効果があがります!

まとめ

以上が早起きするための方法とそのコツです。

とりあえず布団から出るだけで確実に早起きの習慣化に繋がります。

布団から出たあとはネットでよくみる早起きの方法を実践するのも良いと思います。これであなたも早起きできるようになり、人生がより豊かになるでしょう!

最高の眠りを手に入れよう↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました