効率を上げる最適な仮眠時間はどれくらい?仮眠のコツと効果を紹介!

生き方

みなさんお昼ご飯を食べて、午後からも仕事を頑張ろうと思っても、眠気が襲ってくることはないですか?

そんな時は少し仮眠をとりましょう。

実はお昼ご飯をちょうど食べ終わるくらいの午後2時から4時の間は、人間の体内時計の関係で眠くなるようになっているのです。

なので無理して仕事をしても集中力が上がらず効率も悪いので、仮眠が取れる環境の人は仮眠を取る時間を作ると良いと思います。

ただ、せっさく仮眠をとったのに、眠気が飛ばなかったり疲れが取れなかったりと、効果が出なければ意味がありません。

なので今回は仮眠のコツを僕が徹底的に調べてまとめてみました。

  • 仮眠を取って効率を上げたい
  • 仮眠取ってるけど効果が出ない
  • 寝不足を解消したい

などの悩みがある人は最後までお読みください。

スポンサーリンク

仮眠で得られる効果

ではまず仮眠を取ることで得られる効果を正意します。なんとなくわかると思いますが、実際に効果を確認することで、仮眠の重要性を再認識できると思うので是非お読みください。

集中力が上がる

仮眠をとり脳をリフレッシュすることで集中力が上がり、結果的に作業効率がよくなります

なので午後に眠くなり仕事に集中できなくなる人は、仮眠を取り脳をリフレッシュすると良いかもしれません。

睡眠不足解消

夜にしっかり寝ることができず睡眠不足気味な人は、仮眠を取ることでも睡眠不足を解消することができます。夜の寝る時間は伸ばせない人も、仮眠を取る習慣をつけると良いと思います。

やる気が出る

昼まで仕事をすると作業に飽きてきてやる気が失せてくるかもしれません。そこに仮眠を挟むと頭がスッキリし、仕事のやる気が蘇ってきます。

最適な仮眠の時間

せっかく仮眠を取るのであれば最適な仮眠の時間を知り、午後からのパフォーマンスをより良いものに変えていくことが大切です。

では最適と言われている仮眠の時間はどのくらいなのでしょうか?

答えは15分〜30分です。

この時間が良いと言われている理由は簡単にいうと、眠りが浅すぎず、深くなりすぎない時間が15分〜30分だからです。

眠りが浅いと脳がきちんと休まりませんし、熟睡しすぎると起きた時にスッキリしません。

なので仮眠を取る時はこの最適な時間を意識して眠るようにするとよいと思います。

仮眠のコツ

では仮眠の最適な時間がわかった上で、さらに仮眠の効果を高めるためのコツを紹介します。これらを活用し、最高の仮眠を手に入れましょう。

視界を暗くする

暗い部屋で寝たりアイマスクをしたりとなんでも良いのですが、視界を暗くすることでより快適に眠ることができます。

オフィスなどで寝る時は部屋を暗くすることだできませんが、アイマスクはどこでもつけられるのでひとつ持っておくのがオススメです。またアイマスクがなくても、机にうつ伏せになるなどして視界を少し暗くするだけでも効果はあるそうです。

静かな場所で寝る

リラックスして寝る為には静かで自然音以外はしない場所で寝ることが大切です。ただ、何も音がない静かな場所なんて多くないので、耳栓をするなどして周りの音をシャットアウトすると良いと思います。

横になって寝ない

横になると本格的に熟睡してしまい寝起きが悪くなってしまうので、椅子に座った状態で寝ることをオススメします。

硬くて座り心地の悪い椅子ではなかなか眠ることができないかもしれないので、座り心地の良いイスを見つけると良いかもしれません。

寝過ぎない

最適な仮眠時間が15分〜30分と短いことから分かるように、仮眠で寝すぎることはあまりよくありません。

寝すぎると

  • 起きれなくなる
  • 起きた時にスッキリしない
  • 夜眠れなくなる

などのデメリットがあります。

なので仮眠を取る時はしっかりアラームをセットするなどして、寝過ぎないように対策しましょう。

目を瞑るだけでも良い

短い時間じゃなかなか眠りにつくことができないという人は、目を瞑り体を楽な体制にしているだけでも仮眠に近い効果が得られます。なのでなかなか寝付けないという人は目を瞑るだけでもおすすめです。

仮眠も良いけど睡眠の質が大事

ここまで仮眠のコツを解説しましたが仮眠の前に、夜しっかり質の高い睡眠を取ることも大切です。

睡眠時間を伸ばすことができなくても、睡眠の質が上がれば昼間のパフォーマンスは上がるので夜の睡眠についても見直してみると良いかもしれません。

睡眠については下記が参考になると思います↓↓

まとめ

今回は仮眠の質を高めるためのコツを紹介しました。

午後からの作業効率が上がらない人や、お昼になると眠くなってしまう人は是非仮眠を取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました