初心者が独学で動画編集を学ぶ簡単な方法と学習のコツを紹介!

動画編集

近年盛り上がっている動画市場で、動画編集はまだまだ需要のあるスキルです。

そこで動画編集を独学で学ぼうとしている人は多いですよね。

そんな中、いまいち独学での学習法がわからない人もいると思います。

なので今回は独学で動画編集を学ぶ方法とちょっとしたコツを紹介します。

本記事は

  • 独学での動画編集の学び方
  • 学習のコツ
  • 学びの順序

こんな感じの内容になっています。

僕は完全初心者から動画編集を独学で学び、月に3万円程度稼いでいました。大した金額ではないですが、まず初心者が目指すべきラインだと思うので参考になると思います。

スポンサーリンク

動画編集はスキル独学でも身に付く?

動画編集を学ぶ時に気になるのが、独学でもスキルを身に付けられるかどうかだと思います。

結論から言うと独学でも動画編集スキルを身につけることはできます。

僕も実際に完全独学で月3万円程度は、すぐに稼ぐことができました。

独学のメリット・デメリット

独学で学ぶ上で、そのメリットとデメリットをしっかり理解しておくことは大切です。

メリット
  • 自分のペースで学べる
  • コストがかからない

独学の大きなメリットはコストがかからず、自分のペースで勉強ができることです。

のんびり勉強したい方や、逆に短期間でスキルを身につけたい方も独学での勉強はメリットがあります。

デメリット
  • 問題解決に時間がかかる
  • 自主的に動く必要がある

独学だと、わからないことがあった時に、自分で調べないといけないので、問題解決に時間がかかることがあります。

また、自分のペースで学べることはデメリットでもあって、独学だと自主的に勉強しないといけないので、継続して学ぶには強い意志が必要です。

動画編集の難易度

動画編集の難易度はそんなに高くありません。

動画編集ですることは

  1. カット
  2. テロップ挿入
  3. BGM挿入
  4. 効果音挿入

だいたいこれだけです。

意外とやることは少なく簡単なので、独学でも十分学習することができます。

動画編集に必要なもの

動画編集を学ぶのに必要なものは

  • パソコン
  • 動画編集ソフト

この2つです。

動画編集を学ぶのも実際に操作しながらじゃないと無理なので、これらを用意することは必須です。

パソコンはスペックがある程度高ければなんでも大丈夫です。

個人的にはMacbookProがおすすめです。

動画編集に必要なソフト

動画編集ソフトは様々なものがあります。

ただ、動画編集で収入を得たいのであればソフトは「Adobe Premiere Pro」一択です。

Premiere Proはプロの映像制作にも使われるソフトで、非常に高機能なソフトです。

また、Premiere Proはユーザー数が多く、動画編集の仕事をする際にもこのソフトを指定されることが多いです。

なので動画編集で収入を得るのであればAdobe Premiere Proの利用は必須だと思います。

実際に僕も利用しています。

Adobeのソフトは1年目は半額で使う方法があります。

動画編集の学習方法

動画編集を学べるものは

  • 動画
  • ブログ

などがありますが、初心者が動画編集を学ぶなら動画学習一択です。

本などの文章で基本的な知識をしっかり付けることも大切ですが、最初は実際に編集している画面を参考に、手を動かしながら学ぶ方が効率的です。

動画学習するコンテンツはYoutubeがおすすめです。

YouTubeには無料で見れるのに有益なコンテンツはたくさん転がっています。

ちなみにオススメはかふたろうさんのチャンネルです。

僕はこのチャンネルで動画編集の基礎を学習しました。

学習の順序

動画編集を学ぶ順序は正直自由ですが、基礎をしっかり学ぶことをおすすめします。

  1. 基本的な操作(ソフト立ち上げから、動画保存まで)
  2. 編集の基礎(カット、テロップ、BGM、効果音)
  3. 全体の流れを理解したら応用へ

こんな感じの順序が良いと思います。

よくわからないと思いますが、最初は一つの動画を作成し、基本的な編集から保存までができるようになることが目標です。

間違っても最初から、かっこいいエフェクトや凝った映像の作成を目指したりせず、基礎から身に付けていくようにしましょう。

動画編集独学のコツ

最後に動画編集を独学で学ぶときのコツを紹介します。

手を動かしながら学ぶ

これはコツというより動画編集を学ぶのに必須のやり方です。

学習する際は、操作のやり方を見て頭で覚えるだけでなく、実際に手を動かすようにしましょう。

頭の中でやり方を理解するのと、実際に手を動かすしてやってみるのでは理解度が全然違います。

なので学習の時は、操作方法を聞くだけで満足しないようにしましょう。

自分の手を動かさないとスキルが身につくことはありません。

動画を真似して作ってみる

動画編集の基礎は意外とすぐに身につきます。

基礎が身に付いたら、好きなYouTuberなどの動画を真似した動画の編集をやってみましょう。

実際に評価を得ている動画を真似して作ってみることで、自分にできない部分がわかり、成長速度も上がります。

また、真似した動画でも作れるようになると、それがポートフォリオとなり、案件を取れる可能性も出てきます。

ある程度基礎ができたら作りたい動画を見つけ、その動画を真似した動画を作ってみましょう。

ショートカットキーを使う

ショートカットキーとは、ボタンひとつで編集の操作を行える仕組みです。

ショートカットキーを活用できると編集のスピードはかなり上がります。

初心者のうちは、まだ操作を何も覚えていない状態なので最初からショートカットキーを覚えやすいと思います。

よくわからないと思いますが、ショートカットキーの使い方もYouTubeなどで解説されているので、基本的な操作と同時進行でショートカットキーも覚えてみてください。

まとめ

今回は動画編集の基礎的な学習方法を紹介しました。

動画編集スキルはこれからも需要が伸びていくと思うので、頑張ってスキルを身につけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました