動画編集の案件が取れる自己紹介動画の作り方を初心者向けに解説!

動画編集

初心者が動画編集の案件を獲得するために、まず目指すのは自己紹介動画の作成だと思います。

ですが、初心者のうちはどのような自己紹介動画を作れば良いかわからないと思います。

なので今回は動画編集の案件が取れる自己紹介動画の作り方を解説します。

  • 自己紹介動画の重要性
  • 基本的な自己紹介動画の作り方
  • 自己紹介動画作りのコツ

これらが気になる人は最後まで読んでください。

スポンサーリンク

自己紹介動画とは?

自己紹介動画は動画編集の案件を取りたい時に、自分が出来ることを紹介し、自分をアピールするために使います。

本来、クリエイターの方はポートフォリオを提示して実績をアピールするのですが、動画編集の場合作品を見るのに時間がかかるので、自己紹介動画1本だけ提示することが多いです。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオとはその人の作品を集めた作品集です。自分ができることを紹介したり、実績をアピールする時に使います。

自己紹介動画の内容

自己紹介動画はただ自己紹介をするものではありません。

動画編集の案件を取る際は、過去に作った動画の提示を要求されることがほとんどです。

その際に自分をアピールするために作っておくのが自己紹介動画になります。

内容は

  • 簡単な自己紹介
  • 実績紹介
  • 使えるスキルの紹介
  • 自己アピール

こんな感じのものが多いですが、自分のスキルをアピールできればどのような内容でも大丈夫です。

自己紹介動画の重要性

自己紹介動画は、案件を取れるかどうかが決まる大切な要素です。

あなたが案件を取る時は、仕事をくれるクライアントを探します。

そのクライアントが、あなたに仕事を任せるかを決める判断基準になるのが自己紹介動画です。

なのであなたは、クライアントがこの人に仕事を任せたいと思うような自己紹介動画を作る必要があるのです。

自己紹介動画の作り方

自己紹介動画は自分のできることをアピールすることが目的なので、正しい構成などはありません。

ただ、よく見かける構成はあって

  1. オープニング
  2. 自己紹介(経歴等)
  3. 使用できるスキルの紹介
  4. アピールポイント
  5. エンディング

このような流れが多いです。

なので初心者のうちはよくある構成を真似て作ってみましょう。

ただ、言葉で聞いてもわからないと思うので、YouTubeで実物を見るのをおすすめします。

「動画編集 自己紹介動画」や「動画編集 ポートフォリオ」などで検索してみてください。

作るときのポイント

では自己紹介動画を作るときのポイントを紹介します。

作り方の技術的な部分は、YouTubeなどで動画で学習しながら覚えていきましょう。

オープニング・エンディング

動画編集の案件は最近では、切り抜きや短い動画なども増えてきました。

ですが、まだまだ多いのがYouTube用の動画編集です。

YouTubeの動画編集で大事なのが、オープニングやエンディングの部分です。

本編の動画は、カットやテロップだけで簡単に作成できたりしますが、オープニングやエンディングはオリジナルのものを作るため難易度が高くなります。

なので自己紹介動画のオープニングやエンディングは、今作れる最高のものを作り、自分のスキルをアピールしましょう。

自己紹介

自己紹介は簡単な物で大丈夫です。

  • 名前
  • 得意なソフト
  • SNS
  • 経歴

などを簡単に紹介しましょう。

経歴は学歴や職歴などではなく、動画編集に関する実績のことです。

YouTubeの編集やPV作成の経験があれば書きましょう。

なければ書かなくても問題ありません。

使用できるスキルの紹介

使用できるスキルを実際に、動画に組み込みながら紹介していきます。

例えば、テロップの紹介の時は動画にテロップを表示させるみたいな感じです。

スキルの紹介は、自己紹介動画を作るときには必ず必要な項目なので、気合を入れて作るようにしましょう。

アピールポイント

アピールポイントでは自分の得意なものや心構えなどをアピールしましょう。

  • サムネイルも作れる
  • エフェクトが得意
  • 納品までが早い

など、なんでも良いです。

初心者のうちでアピールできるものがないという人も、納品やレスポンスの速さなど、編集スキル以外の部分でアピールしましょう。

自己紹介動画を作るときのコツ

最後に案件が取れる自己紹介動画を作るためのこつを紹介します。

1分程度でまとめる

動画は1分程度でまとめるようにしましょう。

クライアントは複数の人の動画を見てどの人に案件を任せるか決めます。

その時に動画が長すぎるとそもそも見てもらえません。

なので動画は1分程度で短くまとめて作るようにしましょう。

YouTubeにアップする

自己紹介動画は非公開設定でもいいのでYouTubeなどにアップしておきましょう。

クライアントに自己紹介動画を見てもらう時にいちいち動画を送るのは大変です。

なのでURLだけ送ったら動画を見てもらえる状態を作っておきましょう。

複数ジャンル作る

YouTubeの動画だけでも、ビジネス系やエンタメ系など複数のジャンルがあります。

そんな中で、ビジネス系の依頼にはビジネス系の動画、エンタメ系の依頼にはエンタメ系の動画を送れる方が案件は確実に取りやすくなります。

なので自己紹介動画を複数作る余裕がある人は色々なパターンのものを作ってみましょう。

まとめ

今回は初心者が動画編集の案件を取るための自己紹介動画の作り方を解説しました。

動画編集の自己紹介動画はとても重要です。

動画編集で稼ぐことを目標にしている人はクオリティの高い自己紹介動画の作成を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました