たまにはサボるのも大切です。無理せず休むことで自分を守ろう

生き方

みなさん毎日頑張っているとやる気が出ない日が来ることがありますよね。

ただ、そういう日でもサボってしまうと1日の終わりに罪悪感が込み上げてくると思います。

僕自身もたまに、やろうと思っていたことのやる気がどうしても起きず、さぼってしまうことがあり、その日は寝る前に「今日は何も生産できなかった無駄な1日だったな」と思うことがあります。

ですが、たまにはサボることも大切なんです。

頑張っている人に多いのですが、サボってしまうとどうしても罪悪感を感じてしまいます。そういう人は本記事を最後まで読みサボることの重要さを知り、サボってしまった自分を正当化しましょう。

スポンサーリンク

サボっても良い理由

この記事を見ている人はサボっている自分を正当化したい人だと思います。そんなみなさんはサボっても良い理由を知り、サボっても何も問題ないことを理解しましょう。

あなたがいなくても社会はまわる

なかなか会社や学校などをサボれないと思う理由に、自分がいなくなると他の人の負担が増え、迷惑をかけると考えてしまうことがあると思います。ですが社会全体で考えると、あなた1人が1日サボったくらいではなんの影響もありません。

例えば会社で、もしあなたが1日休んだら他の人があなたの分の仕事を負担すると思うのですが、その負担ははっきり言って大したものではないですし、あなたの分の仕事を誰もしなくても結局会社はちゃんと回ります。

そのくらい会社は個人に負担がいかないような仕組みができていますし、もっと大きな社会全体で考えるとあなたが働こうがサボろうが変わりません。

なので、なかなかサボれない理由に他人に迷惑をかけたくないと考えている人は、実は自分はいてもいなくても変わらないと知りましょう。

1日サボったくらいじゃ成長は止まらない

毎日勉強や自己成長のために時間を使っている人は、1日サボると成長が止まる気がしますよね。ですが全然そんなことはありません。もちろん普段から努力をしていない人がサボり続けると成長していくことはありませんが、普段から努力している人が1日サボったくらいでは成長になんの影響もありません。

逆にサボることで脳がスッキリし、次の日からもっと頑張れるようになり、パフォーマンスが上がることもあります。

なので普段頑張っている人は1日サボってしまっても罪悪感を感じる必要はなく、サボることは明日から頑張るために必要なことだと自分に言い聞かせましょう。

休んでも悪いことはない

仕事や勉強などで努力することは良いことですが、頑張りすぎると体に毒です。ですがサボって体を休めることで悪い影響はなにもありません。

例えば休むことで

  • 疲れが取れる
  • リフレッシュできる
  • ストレス解消

など、良いことはたくさんあります。

逆にデメリットで思いつくのは、

  • 罪悪感を感じてしまう

くらいで、これに関しては休むことの重要性を知ることで失くすことができます。

なのでサボる時は、良いことをしているくらいの気分でいるようにしましょう。

たまにはサボるべき人の特徴

ではたまにはサボるべき人はどんな人なのでしょうか。3つ紹介するのでこれらに当てはまる人は定期的にサボるようにしましょう。

真面目すぎる

特に真面目すぎる人はサボると罪悪感を感じてしまい、なかなかサボれない人が多いと思います。

そして真面目すぎる人は自分が真面目だと思っていません。

例えば

  • 仕事を全部自分でこなそうとする
  • 責任感がとても強い
  • 頼まれたら断れない

などが、真面目すぎる人の特徴だと思います。

このように真面目すぎる人は仕事を抱えすぎて、キャパオーバーしてしまうこともあるのでたまにはサボることを忘れないようにしましょう。

よく体調を崩す

そんなに体は弱くないのに、仕事の頑張りすぎでよく体調を崩す人は、休息が足りていないのでたまにはサボるようにしましょう。

また体調崩さないから平気と思っている人も、実は体に疲れが溜まっていて一気に溜まった疲れが押し寄せてくる場合もあります。

頑張ると周りが見えない

頑張り始めると周りが見えなくなるくらい物事に没頭する人も要注意です。

もちろんひとつのことにそれだけ没頭できることはすごいことなのですが、体を壊してしまってはお終いです。

なのでたまには体に気を使いサボることを忘れないようにしましょう。

サボる時はとことんサボろう

みなさんサボることの大切さがわかったと思いますが、サボる時はとことんサボるようにしましょう。

例えば、休むと決めた日でも仕事のことが気になり、少しだけ仕事をしたくなったりするかもしれませんが、それはとても中途半端です。仕事はオフの日にちょっと触るくらいじゃ進みませんし、せっかく休む日なのに仕事のことを考えていると脳はしっかり休まりません。

なのでサボると決めた日

  • 仕事のことは考えない
  • ダラダラするのが正義
  • 好きなことに時間を割く

のように、とことんサボるのをオススメします。

もちろんサボった次の日から切り替えてしっかり努力をすることも大切です。

まとめ

今回はサボることの大切さを記事にしたのですが、実は僕も今日はやる気が出なくてさぼった1日でした。

そんな自分に罪悪感を感じていたのですが、サボる大切さを記事にすることでサボった自分も正当化できたと思います。

なのでみなさんも本記事を参考にし、サボる自分を正当化しましょう。

何度も言いますがサボることは大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました